冬の蝶

ところで

「蝶」のことを

こんな風に書いてある本を読みました。


蝶。二つ折りの恋文が、花の番地を探している

(『博物誌』ジュール・ルナール著/岸田国士訳)


蝶の羽は、二つ折りのラブレター!

私ですら目がまんまるです、岸田先生。笑

いいよねぇ。これぞ乙女!


花の番地を探している蝶かぁ。

世の中って切り取りようによっては

本当に色々に見えるよねぇ。


現実は色々あって ちゃんと考えて

ちゃんと戦わなきゃいけないときもあるんだけど


できるだけ こういう言葉のマボロシで

世界がキラキラ見えちゃうような

バカな心も持っていたいよ

浮き世ばなれ、かもしれないけど

Dreamy?

0コメント

  • 1000 / 1000