生まれた海のはなし / Destruction and Creation

ゴゾ島にある、今年3月に話題になった場所、Azure Window。

危うく保たれていた岩が遂に崩落してしまい、こんな姿に。

でも崩落後は、面白い穴が色々ができてるらしく、ダイバーたちのトレンドスポットになってるとか。

ライセンス持ってくればよかたとプチ後悔したけど、怖くて潜れなかっただろな、海のパワーが全然違うんだもん!見下ろすたび、足が震えました〜。色はまさにazure blue!


Azure window have collapsed in March. but I heard there’re some interesting spot have appeared in the ocean after that. Many divers are visiting there now. It was a sad accident, but on the other side, it seems “Destruction and Creation”.

さて、十字軍の話だけど、トータル500年のうち、戦ってない時期も経済や文化の交流は盛んに続いてて。その結果、ローマへの回顧と文化MIXがあり、ルネサンスが華開き、大航海時代へと突入していくのです。


オチデント(西方)はオリエント(東方)に夢を見て、破れて、でもその先に大きな開花があった。azureの崩落も、色んな象徴のようだなぁ〜と妄想。何でも「破壊と再生」の繰り返し。壊れたら、何かがまた必ず生まれてくる。私たちも、そんな自然の一部。


破壊には悲しみが付き物だけど、それでも大局的に見れば大丈夫なんだ、と信じてしまうのは、楽観的すぎるでしょうか。すぐ宇宙的視点になるのは、水瓶座ぽいでしょうか(^◇^;)


世界最古の巨岩遺跡や、中世に海賊に襲われたお城なども見たよ。文明の隆盛はちゃんと残るのに、滅びの理由はいつも謎だらけ。バルスだね。


ゴゾ島は、何人かでジープで回りました。超狭いし、ジェットコースター運転だしで、何回か本気で落ちかけた!(怖)


車内の顔ぶれは南米・北米・東欧・中欧・西欧・日本というバラエティぶり。おじちゃんおばちゃんのキャラが全員濃すぎて、突然ヨーデル歌い出すわ、我儘に動いておヒップで私を押し出してアメリカの女史に怒られてるわ、の爆笑道中。言ってることが完全に高田純次、な運転手さんも最高でした!


【こぼれ話】足の悪い、陽気な南米スリエマのおばちゃんがトイレのドア閉めてなくて、私が開けちゃったの。そしたら、おとなしそうな旦那さんが寄ってきて、「ゴメンね」って謝ってきて。なんか妙に愛を感じて、ジーンてしちゃった。


いつもケラケラ笑ってるおばちゃんは世界共通で愛らしいね。

ちなみにゴゾは塩も名産。azureでもあちこちに自然の塩ができてました!💙型に…見えないね笑

0コメント

  • 1000 / 1000