赤の女王仮説、の巻


文系ですが生物だけは昔からスキで、

遺伝とか、ダーウィンの進化論とか、

そういうのは興味アリで。


で、最近見た「爆問学問」って番組に出てた

長谷川眞理子さん、という人類学者さんがとってもユニークな方で

興味持ったので、本を読んでみました。

やっぱ天才ってのは、人間自体が面白いのだなあ

と久々に思ったにゃ~。


「生きてい続けるためには、絶えず

違ったタイプのものを生み出していかねばならない」

という観点で

有性生殖の進化の仮説を「赤の女王仮説」と呼ぶそうです。


鏡の国のアリスで

アリスが「なぜそんなに走り続けているの?」と尋ねたところ、

赤の女王は、

「同じところに留まっているためには 走り続けていなければいけないのだ」

と答えるんだけど、

それに由来した命名なんだって。


そんな風に、人類は今ここにいる。


くーこういうのほんと萌える!笑

「今ここで、こういう姿・状況でいるには、ちゃんとそうなった道筋と理由がある」んだね

「生きてるだけで丸儲け」ってのは、生物学的な面から見ても真実のようで。

この世に生きられてるだけで、

生物としては絶えず走り続けてる、状態なんだね。


人なんて誰でも、長い長い遺伝子のループからこぼれ落ちた、

たった一瞬の生き物、なんだなぁ。


遺伝子として生き残る競争のなかで、

勝っても負けても、たかが、こぼれ落ちた1個の個体だよなぁ。

なんてね。


目の前のあした、のことを考えるときにも


「進化・変化していかなきゃ、同じところに立ってることもできない」


という女王の教訓を、日々忘れないようにしたいものです。

それはまるで人生のよう、だから。

0コメント

  • 1000 / 1000